bullet-time

バレットタイムとは

バレットタイムとは一般的には特殊撮影(特撮)の一つで、被写体の周りにたくさんのカメラを並べ、アングルを動かしたい方向にそれぞれのカメラを順番に連続撮影し、被写体の動きはスローモーションで見せつつ、カメラワークはハイスピードで移動する映像を撮影する技術や効果を指します。
映画:マトリックスの銃弾をよけるシーンが代表的なバレットタイムです。

360度カメラでのバレットタイム

360度カメラではInsta360シリーズにおいてバレットタイム撮影が出来ます。基本的には、L字型に取り付けた自撮り棒の先でカメラをグルグルと回転させながらスローモーションで撮影する仕組みです。Insta360シリーズの強力な手振れ補正機能である「FlowState」と、自動で自撮り棒やハンドル部分を動画映像から消せる機能により、ぱっと見てカメラを振り回して撮影したとは思えない映像が出来ます。ここではバレットタイムを手軽に体感できる方法を紹介します。

バレットタイム撮影に必要な機材

中国のArashiVision社から発売されているInsta360 One, Insta360 One X, Insta360 One R, Insta360 One X2, Insta360 Go を使うことで手軽にバレットタイムを楽しむことが出来ます。
簡単にバレットタイムを撮影するには純正アクセサリーInsta360 BULLET TIME BUNDLE(バレットタイム バンドル)があると便利です。

bullet-time

バレットタイム撮影する方法

Insta360 BULLET TIME BUNDLE(バレットタイム バンドル)は自撮り棒とぐるぐる回す為の手持ち部分に分かれています。自撮り棒とハンドル部分を回して接続するだけで準備完了です。
Insta360 One, Insta360 One X, Insta360 One R, Insta360 One X2, Insta360 GoのいずれかをInsta360 BULLET TIME BUNDLE(バレットタイム バンドル)に取り付けたらあとはぐるぐると回して撮影するだけです。上手く撮影するには撮影にはコツが必要なので、事前に何度か練習しておきましょう。
バレットタイム撮影で新たな映像体験を楽しんでみましょう。