RICOH THETA SC2とは

RICOH THETA SC2は2019年12月に発売された、360度カメラTHETAシリーズのエントリーモデルです。手軽に360度写真を楽しむカメラとしてはTHETA SC2が最もオススメです。
エントリーモデルということで価格は3万円台とお手頃ですが、前モデルであるTHETA SCと比較して動画は4K画質に、また顔や夜景、車窓からの景色がきれいに撮れるプリセットの搭載、電池残量などが確認できるOLEDディスプレイの採用など、性能/機能がしっかりと向上しています。
特に今回初めて搭載されたプリセットでは、カメラ初心者でもシーンに応じたきれいな写真が撮れるようになっているため、今回初めて360度カメラを手にする方をしっかりと配慮した機能と言えます。
ただし動画は4K撮影が可能になったものの、1回の撮影で最大3分までと少し短めです。
価格面ではTHETA SC2は現行のTHETAシリーズで一番安価なモデルですが、静止画の性能は上位モデルであるTHETA Vと大きな差はありません。
なので静止画メインの方はTHETA SC2、頻繁に動画を撮る方や長い動画を撮影したい方は上位モデルであるTHETA V、RAW編集などをして静止画もさらに高解像度を求めたいという方はTHETA Z1を検討されることをオススメします。

RICOH THETA SC2の性能

RICOH THETA SC2

総合人気No1:コスパと評判がダントツの360度カメラ
メーカー RICOH(日本)
発売日 2019/12
寸法 45.2×130.6×22.9mm
重量 約104g
内蔵記憶 14GB
外部記憶 -
外部端子 microUSB2.0
項目 評価
静止画性能 4.5/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 5.0/5.0
アプリ 4.5/5.0
アフター 5.0/5.0
総合評価 5.0/5.0

Point1

静止画性能

画素数

5376x2688px(5.6K/14MP)

スティッチング(つなぎ目処理)

目立たず綺麗

撮影モード

オート、シャッター優先、ISO優先、マニュアル
セルフタイマー撮影、リモート撮影、ノイズ低減撮影、DR補正撮影、HDR合成撮影、インターバル撮影、マルチブラケット撮影、プリセット(顔、夜景、車窓)

夜間性能

夜景・星空も対応

Point2

動画性能

動画画質

3840×1920px(4K):29.97fps
1920×960px(2K):29.97fps

スティッチング(つなぎ目処理)

目立たず綺麗

撮影モード

オート
リモート撮影

夜間性能

夜景・星空も対応

手振れ補正

本体ジャイロ補正,アプリ補正

マイク

モノラル

ライブストリーミング性能

非対応

連続撮影時間

最大3分

Point3

機能性

操作性

-

バッテリー性能

内臓バッテリー:静止画で約260枚撮影可能

連携サービス

theta360.com、theta360.biz、google street view

Point4

アプリ

アプリ機能

多彩な撮影モード、編集機能

対応デバイス

PC、スマートフォン

通信性能

Wi-Fi+Bluetooth:高速通信化、無線接続が切れることも

バージョンアップ

頻繁

Point5

アフター

日本語サポート体制

日本語対応

情報充実度

書籍、ブログ等で豊富

対応アタッチメント

豊富

RICOH THETA SC2の口コミ

ネット上のレビュー・口コミを要約しました。

ポジティブレビュー

とにかく撮影した場所の景色・雰囲気が全て映り、思いもしなかった映像が取れている事があるかもという 楽しみが隠されているカメラだと感じます。 普通のカメラも良いのですが、THETA SC2と併用して撮影すればより撮影した瞬間の情景が詳細に残せると思います。LINEやFacebookで専用アプリなしでも簡単に共有できる点も良い。旅行、子育て、結婚式などあらゆるシーンで活躍できそうです。
(2020/1/10)

THETAシリーズとInsta360シリーズを比較した結果、THETAシリーズを選びました。動画編集で、THETAのPC用ソフトがいま一つでしたので、一度はInsta360シリーズに傾きかけましたが、Insta360 sutadio2020がTHETAで撮影した動画で使用できることを知りました。
それならば4K動画の撮影ができるTHETA SC2で十分と考えて購入したのですが、手ブレ防止が強化されたTHETAのPCソフトで動画変換をしてInsta360 sutadio2020で編集すると期待した以上の動画が作成できとても満足です。
(2020/1/30)

オフィスビルで360度カメラを使用すれば、天井面の確認や機械室の配管ルートの確認ができます。 写真だと一方向しかわらないため、たくさん撮影をして、その結果個々の場所を忘れがちになります。 360度カメラは方向がわかって現調用途にとても良いです。建設業や不動産業にも使えると思います。
(2020/3/14)

スマホへの転送は動画も写真も画期的に早くなり感動ものでした。旧機種のTHETA SCだと、なかなか転送が進まなかったのですが、大幅に改善されていました。
(2019/12/26)

THETA SCから外観的に変わったのはサイドボタンが1つ増え4ボタンになり、シャッタータイマーボタンが追加されました。 そして最も大きくうれしい進化は小さな動作確認液晶画面が本体中央部に設置されたことです! このモニターの恩恵はとても大きく、今までのSCはLED発光で動画と静止画の区別程度でしたが、THETA SC2の液晶ではとても表示がわかりやすく現在のモード確認がとても容易になりより使いやすいです!
(2020/4/17)

ネガティブレビュー

4K録画になったのは良いが、1回の撮影で記録できる録画時間が短くなってしまった。
(2020/1/20)

内蔵メモリなので新たに記録メディアを購入する必要がないのは嬉しいが、SDカードのスロットを付けて任意でストレージ容量を増やせるようにしてほしい。
(2020/2/4)

長く使うのに、動画を本体に保存できる容量が少なく、スマホに転送しないといけない。 行動中に、なかなかこの作業はできないので、多少なりとも動画を撮影される方には THETA Z1THETA Vなど上位機種を購入された方が良いと思います。
(2020/3/1)

不意に訪れる撮影の瞬間は割り切って、本体だけを持って撮影するわけですが、フレーミングもブレボケピントも露出もわかりません。割り切りが出来る人にはすごくお勧めできるカメラです。
(2020/8/19)

動画は4Kになったが、ヘッドマウントディスプレイでVR視聴するにはまだまだ解像感が物足りない。
(2020/7/8)