RICOH THETA SC2 for Businessとは

RICOH THETA SC2 for Businessは2020年3月に発売された、360度カメラTHETA SC2から派生したビジネス専用モデルです。初めてビジネスで360度カメラを使用される際はTHETA SC2 for Businessが最もオススメです。
価格は3万円台、THETA SC2の特徴である動画画質が4K、電池残量などが確認できるOLEDディスプレイの採用など、性能/機能面でほぼ変わりはありません。
特に今回初めて搭載されたプリセットでは、カメラ初心者でもシーンに応じたきれいな写真が撮れるようになっているため、今回初めて360度カメラを手にする方をしっかりと配慮した機能と言えます。
ただし大きく変わる点が2つあります。それはプリセットです。THETA SC2では顔、夜景、車窓というコンシューマーに特化したモードでしたが、THETA SC2 for Businessはこれが室内撮影用プリセットである「Room」に変更となっています。またこれが起動時デフォルトで立ち上がるため、撮影に不慣れな方でも不動産屋、自動車内装、建築内装などの綺麗な写真が撮ることが出来ます。
またもう一つの違いはTime Shift Shooting機能の搭載です。これは前後2つのレンズを同時ではなく、片方ずつ撮るモードです。これにより自分自身が映り込みたくない場合、死角になる方のレンズに回り込みながら撮ることで、人が映らない写真が撮れます。これも不動産写真や屋外の広い会場写真等で重宝される機能です。
いずれも三脚などで固定した撮影を想定したモードですので、手持ちや自撮り棒をメインで使用される方はTHETA SC2などを検討した方が良いですが、不動産業や自動車販売業の方々にはおすすめのモデルとなります。

RICOH THETA SC2 for Businessの性能

RICOH THETA SC2 for Business

総合人気No1:THETA SC2のビジネス専用モデル
メーカー RICOH(日本)
発売日 2020/3
寸法 45.2×130.6×22.9mm
重量 約104g
内蔵記憶 14GB
外部記憶 -
外部端子 microUSB2.0
項目 評価
静止画性能 4.5/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 5.0/5.0
アプリ 4.5/5.0
アフター 5.0/5.0
総合評価 5.0/5.0

Point1

静止画性能

画素数

5376x2688px(5.6K/14MP)

スティッチング(つなぎ目処理)

目立たず綺麗

撮影モード

オート、シャッター優先、ISO優先、マニュアル
セルフタイマー撮影、リモート撮影、ノイズ低減撮影、DR補正撮影、HDR合成撮影、インターバル撮影、マルチブラケット撮影、プリセット(Room)、Time Shift Shooting

夜間性能

夜景・星空も対応

Point2

動画性能

動画画質

3840×1920px(4K):29.97fps
1920×960px(2K):29.97fps

スティッチング(つなぎ目処理)

目立たず綺麗

撮影モード

オート
リモート撮影

夜間性能

夜景・星空も対応

手振れ補正

本体ジャイロ補正,アプリ補正

マイク

モノラル

ライブストリーミング性能

非対応

連続撮影時間

最大3分

Point3

機能性

操作性

-

バッテリー性能

内臓バッテリー:静止画で約260枚撮影可能

連携サービス

theta360.com、theta360.biz、google street view

Point4

アプリ

アプリ機能

多彩な撮影モード、編集機能

対応デバイス

PC、スマートフォン

通信性能

Wi-Fi+Bluetooth:高速通信化、無線接続が切れることも

バージョンアップ

頻繁

Point5

アフター

日本語サポート体制

日本語対応

情報充実度

書籍、ブログ等で豊富

対応アタッチメント

豊富

RICOH THETA SC2のレビュー

説明

RICOH THETA SC2の口コミ

説明