360度業務用カメラタイプ

RICOH THETA Z1
トータル評価No.1!高画質360度カメラ
  • THETAシリーズ最上位機種
  • 12.5万円台前後の価格帯
  • 4Kライブストリーミングの高画質
  • 静止画質6.2K相当の高画質
  • 耐久性のあるマグネシウムボディ
  • 抜群の使いやすさ
  • 多彩な撮影モード
  • PC/スマホアプリ対応

360度業務用カメラとは

旅行やイベントで活躍する360度カメラですが、実はビジネスシーンでの活用が進んでいます。不動産業や自動車販売業に加え、VRコンテンツ制作やライブストリーミング配信などクリエイター分野でも多くの採用があり、その比率はレジャー用途を越えようとしています。

ポイント

業務用途で使用する場合、重要になるのは画質の正確性やクリエイティビティー、また長時間の使用にも耐えられるハードウェア性能が重要となります。業務用途での目的と合わせて画質の数値だけでなくスティッチング精度はどうか、RAW現像対応しているか、ライブストリーミング性能はどうかなどの観点でも評価することが重要です

360度業務用カメラの撮影シーン

360度業務用カメラの撮影はより安定的に高画質なアウトプットを出すことが可能です。高性能の機材を用いてビジネスにおける様々なシーンで活用が広がっています。 放送局による360度動画/ライブストリーミングをはじめ、VRコンテンツクリエイターパノラマフォトグラファー、身近なところでは不動産/マンション等の物件紹介などこれから当たり前のように使われるようになるでしょう。

360度画像の閲覧方法

PC/スマートフォン360度画像対応デバイス

撮影した画像はPC/スマホ/タブレット上下左右360度で閲覧するアプリが各メーカから出ています。

VRゴーグル360度画像対応VRゴーグル

OculusPlayStationVRのようなVRゴールを通してみることで没入感の高いVR映像として閲覧できます。

SNS360度画像対応SNS

360度対応しているSNS(Facebook/LINE)にはそのままシェアできます。
その他のSNS(twitter/Instagram)では加工してシェアしたり、対応サービスのURLをシェアできます。

対応サービス360度画像対応サービス

theta360.com/Youtube(動画のみ)/Googleストリートビュー無料でアップしてアップ先で閲覧することができます。

Webサイト360度画像対応Web

サイト運営者はhtmlサイト/wordpress/ブログに360度画像/動画を貼ったり、Web広告に360度画像を出稿して集客することができます。

クラウドストレージ360度画像対応クラウドストレージ

Googleフォト/Ficker等のクラウドストレージも360度画像に対応しています。

360度業務用カメラの選び方

カメラを選ぶポイントを説明します。価格だけでなく撮影目的や利用シーンに合う360度カメラを選びましょう。

Point1

静止画性能

カメラの基本になる性能です。

画素数

画素数は性能のベースになる部分です。
現在4K画質相当以上の360度カメラが主流です。PCやスマートフォンで高画質に楽しむには4K相当の画素数が必要で、4K画質以下のカメラだと画像が粗く感じるでしょう。
一部の業務用カメラには10K以上の解像度で撮影可能な機種もあります。

スティッチング(つなぎ目処理)

360度カメラは複数のレンズから画像を合成して1枚の写真を撮ります。
スティッチングとは画像同士のつなぎ目の処理のことで、スティッチング性能が高いとつなぎ目がわかないぐらい自然に処理されています。 スティッチング性能が悪いと画質が良くても臨場感が台無しになります。
一部の業務用カメラではレンズが2眼ではなく、それ以上ついている場合がありますが、その分繋ぎ目が多いということになります。
画質だけでなく作例を360度画像をぐるっと回してみて、つなぎ目の自然さも確認しましょう。

撮影モード

デジタルカメラ同様に多彩な撮影モードが用意されている360度カメラがお勧めです。
セルフタイマーやリモートシャッター等の撮影モード、ノイズ低減撮影/DR補正撮影/HD合成撮影など撮影シーンに応じた画質モード、インターバル撮影/連射撮影などの撮影間隔モードなどがあります。

夜間性能

360度カメラは夜の街の明かりや星空の撮影シーンと非常に相性が良く、迫力のある写真が取れます。 夜間撮影の頻度は高い場合、夜間性能は重要なポイントです。
1度に全方向撮影するため、ノイズ処理が通常のカメラよりも難しく、性能に差がつきやすくなります。 夜間性能が悪いカメラでは、暗くてほとんど映らない、明るい部分がつぶれてしまって細部がわからないなど綺麗な写真を撮ることが難しくなります。
夜景の作例も確認してから購入しましょう。

Point2

動画性能

360度動画を撮りたい場合の性能です。 動画性能の高いカメラは非常に高額になるので、動画をメインで撮影する予定のない場合は割り切ったほうが良い場合があります。。

動画画質

動画の画素数は静止画の画素数より落ちることがあります。
現在は4K画質以上の360度カメラが主流です。Youtubeでは4Kの360度動画にも対応しているので動画をたくさん撮りたい人には重要な項目です。
一部の業務用カメラには8K、12Kなど4K以上の解像度で撮影できる機種もあります。この場合、閲覧するデバイスや発信側/受信側双方の通信環境にも相応の性能が求められます。

スティッチング(つなぎ目処理)

静止画360度と同様に360度動画でも複数のレンズから画像を合成して1枚の写真を撮ります。
つなぎ目が目立つとせっかくの3臨場感が台無しになります。
静止画同様、一部の業務用カメラではレンズが2眼ではなく、それ以上ついている場合がありますが、その分繋ぎ目が多いということになります。
360度動画を再生しながらぐるっと回してみて、つなぎ目の自然さも確認しましょう。

撮影モード

静止画360度と同様に360度動画でも多彩な撮影モードが用意されている機種がお勧めです。

夜間性能

静止画360度と同様に360度動画でも夜の街の明かりや星空の撮影シーンと非常に相性が良く、迫力のある写真が取れます。夜景の作例も確認してから購入しましょう。

手振れ補正

全方向を撮影するため通常のビデオカメラに比べて揺れを非常に大きく感じます。 手振れの強い360度動画は酔いやすく見れたものではありません。定点固定して撮影するのであればあまり重要視する必要はありませんが、動きながら撮影されるのであれば手振れ補正が強力な機種がお勧めです。

マイク

音声を360度空間に対応させて録音できる機種もあります。
360度空間音声とは再生時に向いている方向に合わせて音声の強弱が変わる機能です。 ヘッドマウントディスプレイで見るときに特に臨場感が出ます。

ライブストリーミング性能

360度動画でライブストリーミング配信できる機種もあります。 業務用360度カメラの場合、多くの機種でライブストリーミング機能に対応しているケースが多いです。 ライブストリーミングとは映像をほぼリアルタイムに配信する機能です。
Youtube/Facebookなどのサービスは360度ライブストリーミング配信可能です。

連続撮影時間

特に360度動画では撮影時にマシンパワーを使い、熱問題で一度に長く撮影することが技術的に難しいため、1度に取れる最大撮影時間に制限を設けている場合があります。動画中心に撮影を考えている場合は、撮影時間に収まるか確認してから購入しましょう。

チェック

360度動画はカメラだけでなく編集用/閲覧用のデバイスのスペックや快適な通信環境も要求されます。 購入時にはカメラだけでなく編集用/閲覧用のデバイスのスペックが十分かどうかも確認しましょう。

Point3

機能性

画質性能だけでなく便利な使い方ができる性能が備わっているか確認しましょう。

操作性

本体の形状によって撮のしやすさに差が出ます。操作性の良い機種は簡単に使うことができるのでストレスなく撮影できます。

バッテリー性能

本体のバッテリーが内蔵されている機種が多くあります。特に360動画を中心に撮影するときには電池使用量も大きいのでバッテリー性能が重要になります。中にはバッテリーを交換できる機種もありますが、取り換え不可の機種が大半です。またもともと長時間の利用を想定して電源から給電するタイプのカメラもあります。

連携サービス

360度画像掲載サービスに加えて、ライブストリーミング映像をアップロードするプラットフォームがあります。その中でもYouTube/Facebookは無償で利用できることもあり、最もポピュラーです。
YouTube/Facebookは公開範囲を限定することも出来ますが、比較的オープンなプラットフォームへ投稿することが適さない場合は、企業向けの360度ライブストリーミング用クラウドサーバーも提供されています。有償にはなりますが、セキュリティなどに配慮する場合は企業向けの360度ライブストリーミング用クラウドサーバーを選択されるケースもあります。 その他にGoogleストリートビューに投稿できる連携機能を持つカメラもあります。

Point4

アプリ

パソコンやスマートフォンのアプリで見ないと360度で画像が表示されません。そのためアプリの性能も重要な評価項目です。

アプリ機能

自分が映り込みたくないときにはリモート撮影などアプリを通して操作する場面が多くあります。 また専用のソフトを通して表示しないと360度で見ることはできません。
アプリの代表機能はカメラの操作機能、撮影した画像の閲覧機能、編集機能、SNSへの共有機能です。

対応デバイス

スマートフォンだけでなくPCにもソフトが用意されているかどうかもチェックしましょう。

通信性能

液晶ディスプレイがついていないものが多く、通常はスマートフォンなどに無線LAN転送して閲覧します。 無線性能が良いと快適に操作できますが、無線性能が悪い場合は転送時間も多くかかるため使いにくくなります。
特に高画質な360度画像/動画を撮影するときにはデータ量が大きくなるので転送速度はより重要性が増します。
業務用360度カメラの場合は、データ容量も大きくなるため予めPCとの接続を想定するケースも多いです。 また、無線の転送速度だけでなく接続性(つながりやすい/切れにくい)も重要です。
無線接続は使用頻度が高いので性能の良い360度カメラを選びましょう。

スマートフォンに直接コネクタで接続するタイプの360度カメラでは無線性能は不要です。

バージョンアップ

PC/スマホアプリのバージョンが上がると今まで使えていたアプリが使えなくなる可能性があります。
新機能も追加されてより便利になることがあるので、頻繁にパージョンアップ対応してくるメーカーがお勧めです。

Point5

アフター

性能/機能だけでなくアフター/サポート体制の重要性が高いです。

日本語サポート体制

海外メーカーの場合、日本語でのサポートが十分とは言えない機種が多くあります。。
自力でトラブルを解決できる人以外は説明書/サポートセが充実した日本メーカーがお勧めです。

情報充実度

新しいジャンルなのでカメラだけ持っていても使いこなすことは容易ではありません。
ネットや書籍で撮影方法/活用情報が充実している機種がお勧めです。

対応アタッチメント

撮影シーンに合わせたアタッチメントがあるかどうか確認しましょう。 人気機種はメーカー純正以外にもサードバーティが便利な付属品を販売しているケースもあります。
特に屋外や水際で長時間を撮影するシーンで防滴/防水ハウジングケースでカバーできる機種もあります。 *中には最初から防水対応されているカメラもあります。
使いたいシーンに合わせた付属品が発売されているかどうかも事前に確認しましょう。

360度カメラのタイプ

ハンディータイプのものや、ライブストリーミング用途などに特化したタイプのものがあります。用途に合わせて選択することが必要ですが、業務範囲が拡大することも見据えてある程度広い用途を高品質でカバーできるモデルを選択しましょう。

Type1

ハンディータイプ

どのようなシーンにも対応可能な最もスタンダードなタイプです。

ポイント

  • 三脚やその他アクセサリーとの相性も良く幅広いシーンに対応可能
  • 静止画、動画、ライブストリーミングなど幅広く使える機種が多く幅広い用途に対応可能

代表機種

  • RICOH THETA Z1などが挙げられます。

Type2

業務用筐体タイプ

放送系など失敗が許されない業種の方向けのタイプです。

ポイント

  • ハードウェアとしてプロユースを想定しているため、長時間の利用にも安心
  • 機種によっては3D合撮影など独自の用途に応えられる性能を持つ
  • 価格帯が数十万円~と高額

代表機種

  • Insta360 Pro2などが挙げられます。

Type3

3Dタイプ

3D撮影機能を使ったVRクリエイター向けのタイプです。

ポイント

  • 手軽に3D撮影を行いコンテンツを作ることが可能
  • 360度撮影なども想定する場合は、360度撮影用の機材を別途用意したほうが安心

代表機種

  • Vuze Plus VR CameraやVuse XRなどが挙げられます。

360度業務用カメラランキング

360度業務用カメラのおすすめの360度カメラBest3をランキング形式で紹介します。

RICOH THETA Z1

RICOH THETA Z1
トータル評価No.1!高画質360度カメラ
メーカー RICOH(日本)
発売日 2019/3
寸法 48×132.5×29.7mm
重量 約182g
内蔵記憶 19GB
外部記憶 -
外部端子 microUSB3.0(Type-C),MIC端子
項目 評価
静止画性能 5.0/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 4.0/5.0
アプリ 4.0/5.0
アフター 5.0/5.0
総合評価 4.5/5.0
イスラエル製ハイスペック360度カメラ
メーカー HumanEyes(イスラエル)
発売日 2018/1
寸法 12 x 3 x 12 cm
重量 約460g
内蔵記憶 -
外部記憶 microSD
外部端子 microUSB2.0
項目 評価
静止画性能 4.5/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 4.0/5.0
アプリ 3.0/5.0
アフター 2.5/5.0
総合評価 4.0/5.0
ハイスペック360度カメラ
メーカー Shenzhen Arashi Vision(中国)
発売日 2018/8
寸法 143×143×143mm
重量 約1386g
内蔵記憶 -
外部記憶 SD/microSD
外部端子 HDMI
RICOH R
24時間連続ライブストリーミング可能なオススメモデル
メーカー RICOH(日本)
発売日 2017/2
寸法 46×118×22.9mm
重量 約125g
内蔵記憶 -
外部記憶 -
外部端子 microUSB2.0,HDMI
項目 評価
静止画性能 0.0/5.0
動画性能 4.0/5.0
機能性 3.0/5.0
アプリ 3.0/5.0
アフター 4.0/5.0
総合評価 3.5/5.0
ハイスペック360度カメラの旧モデル
メーカー Shenzhen Arashi Vision(中国)
発売日 2017/7
寸法 143×143×143mm
重量 約1228g
内蔵記憶 -
外部記憶 SD
外部端子 microUSB3.0(Type-C),HDMI,RJ45
イスラエル製ハイスペック360度カメラ(旧モデル)
メーカー HumanEyes(イスラエル)
発売日 2017/6
寸法 120×120×30mm
重量 約450g
内蔵記憶 -
外部記憶 microSD(UHS 1以上)
外部端子 USB2.0
項目 評価
静止画性能 3.5/5.0
動画性能 3.5/5.0
機能性 3.0/5.0
アプリ 2.0/5.0
アフター 2.5/5.0
総合評価 3.0/5.0
360度業務用カメラの記事一覧