360度画像とは

360度画像とはある特定の領域だけでなく、こちらの画像のように上下左右さらには後ろまで自分が見たいところを自由にどこでも見れる画像のことを指し、全天球画像、全天周画像とも呼ばれます。

@tkk.360album - Spherical Image - RICOH THETA

theta360.comより引用

360度画像の閲覧方法

360度画像は専用のアプリケーションから展開して見れます。360度カメラで撮影された画像は通常Equirectangular形式で保存されます。Equirectangular形式画像を球面で展開できるアプリケーションが必要となりますが、各メーカーよりアプリケーションが配布されているのでそれを使うことで簡単に360度画像を表示、閲覧できます。
(例)Equirectangular形式の画像

equirectangular

equirectangular

360度画像の共有方法

360度画像を共有して見るにはいくつかの方法があります。

  1. LINE
  2. Facebook
  3. GooglePhoto
  4. LINE,Facebook,GooglePhotoは最も人気の共有方法です。アプリ側で360度画像再生に対応しているため、普通の写真を共有するときと同じ感覚で使うことができます。

  5. Instagram
  6. Instagramでは360度再生はできないのですが、あらかじめ360度写真を編集しておくことで一風変わった画像を共有できます。リトルプラネットなどで目を引く写真をアップロードするのが人気です。

    littleplanet

    littleplanet

  7. PCアプリケーション
  8. 360度写真の元データであるjpegデータを送付し、360度画像を展開できるPCアプリケーションで楽しむことができます。

  9. メーカー共有サイト
  10. theta360.comのような360度画像共有サービスを利用して、画像を投稿して共有するという楽しみ方もあります。

きれいな360度画像の撮影方法

いざ撮影するときはきれいに、自分らしさを出して撮影したいですよね。360度画像を撮る際のちょっとしたTipsをお伝えします。

  • 360度カメラを固定する
  • 基本中の基本ですが、360度カメラはなるべく固定しましょう。三脚などを使えば安心ですが、手持ちや自撮り棒で撮影するケースも多いと思います。その時はシャッターボタンを押す瞬間はなるべく360度カメラを動かさないようにしましょう。

  • 撮りたいものに高さを合わせる
  • 撮りたいものや人物がいる場合、対象物に360度カメラの高さを合わせましょう。カメラのレンズは人間の目と同じなので、高さを合わせることで対象物をより鮮明に見せることができます。

  • アングルを考える
  • 少し上級テクニックですが、敢えてアングルをずらすのも360度画像ならではの楽しみ方です。普段私たちが目にしないようなアングル、例えば自撮り棒に付けた360度カメラを思い切り花畑の中に突っ込んでみることで、蝶の目線で360度画像が撮れます。非日常的な目線で楽しめるのも360度カメラならではの特徴と言えるでしょう。

    Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

360度画像性能おすすめカメラ

360度画像性能の良いカメラとして業界で最も定評が高いのが、RICOH THETAシリーズです。RICOH THETAは2013年の初号機から一貫して2つのレンズ間の距離が短い薄型のデザインとなっており、繋ぎ目が目立ちにくい構造になっています。形状はハンディータイプのため自撮り棒や三脚にも取り付けやすく、少し目線の変わった写真を撮るのにも適しています。正統派~少しクセを出したい方まで広くおすすめできる360度カメラです。