建設業における360度カメラの活用とは

建設業ではゼネコン本社、現場監督、サブコン、施主など様々な立場の方が関わって工事が進行します。
一般的なカメラの写真では、その写真がどの部分のものなのか分かりづらかったり、写真を繋げ合わせたりするのに膨大な時間がかかります。
360度カメラで日々進行する現場を記録することで、複数の現場を抱える施主さんや監督は実際に現場に行かなくても現場の様子がリモートで確認できます。
建設業では現場全体の写真を記録して業務効率を改善する大きな動きが起きています。 建設業において360度カメラの活用を考えられている方は、建設業に適した360度カメラを選択するようにしましょう。

建設業にオススメなカメラ

RICOH THETA Z1
高画質360度カメラ
メーカー RICOH(日本)
発売日 2019/3
寸法 48×132.5×29.7mm
重量 約182g
内蔵記憶 19GB
外部記憶 -
外部端子 microUSB3.0(Type-C),MIC端子
項目 評価
静止画性能 5.0/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 4.0/5.0
アプリ 4.0/5.0
アフター 5.0/5.0
総合評価 4.5/5.0
建設業Spherical Image - RICOH THETA

theta360.comより引用

建設業で360度カメラを選ぶポイント

画質のきれいさ

360度カメラは複数のレンズで1枚の写真を生成するため、それぞれのデータを合成して360度写真をします。 スペックで表示される解像度だけでなく、撮影した画像の繋ぎ目がきれいであることも360度写真を見た際の印象に影響します。 実際に撮影された写真を見て、繋ぎ目の自然さも確認しましょう。

サイズ・形状

持ち運びやすくコンパクトなものを選びましょう。さっと手に取れるハンディータイプがおすすめです。 三脚で固定して撮影することになるので、360度カメラの底面に三脚穴があることも必須です。

アクセサリーの充実度

建設現場では三脚や自撮り棒を使って撮影を行います。またレンズ傷を防止するためのレンズキャップなど、用途に適したアクセサリーがメーカーから提供されているか確認しましょう。

建設業にオススメなカメラ(上位3位)

RICOH THETA Z1
高画質360度カメラ
メーカー RICOH(日本)
発売日 2019/3
寸法 48×132.5×29.7mm
重量 約182g
内蔵記憶 19GB
外部記憶 -
外部端子 microUSB3.0(Type-C),MIC端子
項目 評価
静止画性能 5.0/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 4.0/5.0
アプリ 4.0/5.0
アフター 5.0/5.0
総合評価 4.5/5.0

RICOH THETA SC2

総合人気No1:コスパと評判がダントツの360度カメラ
メーカー RICOH(日本)
発売日 2019/12
寸法 45.2×130.6×22.9mm
重量 約104g
内蔵記憶 14GB
外部記憶 -
外部端子 microUSB2.0
項目 評価
静止画性能 4.5/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 5.0/5.0
アプリ 4.5/5.0
アフター 5.0/5.0
総合評価 5.0/5.0

KanDao QooCam8K

8Kの高解像度が特徴
メーカー KanDao(中国)
発売日 2019/12
寸法 145×57×33mm
重量 約245g
内蔵記憶 64GB
外部記憶 UHS-3 microSD推奨(最大256GB)
外部端子 microUSB-C
項目 評価
静止画性能 4.5/5.0
動画性能 5.0/5.0
機能性 4.5/5.0
アプリ 3.0/5.0
アフター 1.5/5.0
総合評価 4.0/5.0