旅行における360度カメラの活用とは

旅行では旅先の美しい景色や歴史的な建造物、宿泊先のホテルや食事のシーンなど多くの撮影ポイントがあります。
旅行の思い出を360度カメラで撮影することで、旅行から戻ってからも当時の情景をリアリティーをもって振り返ることが出来ます。
特に360度カメラで撮影した360度写真をヘッドマウントディスプレイ(HMD)で見ると、まるで旅行先にいるかのような気分に。
旅行で人と違う写真を撮りたい、ずっと思い出に残る写真が撮りたい、という方は360度カメラを旅行先で活用してみてはいかがでしょうか。

旅行にオススメなカメラ

RICOH THETA SC2

総合人気No1:コスパと評判がダントツの360度カメラ
メーカー RICOH(日本)
発売日 2019/12
寸法 45.2×130.6×22.9mm
重量 約104g
内蔵記憶 14GB
外部記憶 -
外部端子 microUSB2.0
項目 評価
静止画性能 4.5/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 5.0/5.0
アプリ 4.5/5.0
アフター 5.0/5.0
総合評価 5.0/5.0
旅行Spherical Image - RICOH THETA

theta360.comより引用

旅行Spherical Image - RICOH THETA

theta360.comより引用

旅行で360度カメラを選ぶポイント

画質のきれいさ

せっかくの旅行の写真が不鮮明だとがっかりですよね。360度カメラを選ぶ際はスペックで表示される解像度を確認しましょう。目安は5376×2688(約14MP)あると安心です。
解像度だけでなく、撮影した画像の繋ぎ目がきれいであることも360度写真を見た際の印象に影響するため実際に撮影された360度写真を見て確認するようにしましょう。 実際に撮影された写真を見て、繋ぎ目の自然さも確認しましょう。

サイズ・形状

旅行の際はカバンなどに入れて持ち運びやすく、コンパクトなものを選びましょう。さっと手に取れるハンディータイプがおすすめです。
旅行の際は主に自撮り棒を使って撮影するケースが多いので、360度カメラの底面に三脚穴があるか確認が必要です。

アクセサリーの充実度

旅行で活躍する自撮り棒の他に、シャッターシーンを逃さずにさっと取り出せるストラップや、レンズ傷を防止するためのレンズキャップなど各メーカーから発売されています。360度カメラを買う前に用途に適したアクセサリーが提供されているか確認しましょう。

旅行にオススメなカメラ(上位3位)

RICOH THETA SC2

総合人気No1:コスパと評判がダントツの360度カメラ
メーカー RICOH(日本)
発売日 2019/12
寸法 45.2×130.6×22.9mm
重量 約104g
内蔵記憶 14GB
外部記憶 -
外部端子 microUSB2.0
項目 評価
静止画性能 4.5/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 5.0/5.0
アプリ 4.5/5.0
アフター 5.0/5.0
総合評価 5.0/5.0

GoPro MAX

アクション性能が高い360度カメラ
メーカー GoPro(アメリカ)
発売日 2019/10
寸法 74×69×25mm
重量 約154g
内蔵記憶 -
外部記憶 Class10またはUHS-I以上のmicroSDx1
外部端子 USB-C
項目 評価
静止画性能 4.5/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 3.0/5.0
アプリ 4.0/5.0
アフター 3.0/5.0
総合評価 4.0/5.0
RICOH THETA Z1
高画質360度カメラ
メーカー RICOH(日本)
発売日 2019/3
寸法 48×132.5×29.7mm
重量 約182g
内蔵記憶 19GB
外部記憶 -
外部端子 microUSB3.0(Type-C),MIC端子
項目 評価
静止画性能 5.0/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 4.0/5.0
アプリ 4.0/5.0
アフター 5.0/5.0
総合評価 4.5/5.0