自動車内装撮影における360度カメラの活用とは

自動車販売業において360度カメラの活用が進んでいます。
具体的には自動車の内装、つまりシートや操作パネル、ハンドルなどのインテリアを360度カメラで1枚の写真に収めます。360度カメラで自動車内装を撮影することで、車内の質感や雰囲気がよりリアルに伝わるので、他支店在庫の確認も移動せずにその場で可能です。
また撮影者にとっても自動車内の限られた空間で1枚1枚身を捩らせながら撮影する必要がなくなるため、工数を削減しつつ撮影品質を上げられることも喜ばれている理由の一つです。
現在では大手の中古車ポータルサイトのカーセンサーやグーネットでも360度掲載写真が増えています。自動車、特に中古車の販売に携わられている方は、360度カメラの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

自動車内装撮影にオススメなカメラ

RICOH THETA SC2

総合人気No1:コスパと評判がダントツの360度カメラ
メーカー RICOH(日本)
発売日 2019/12
寸法 45.2×130.6×22.9mm
重量 約104g
内蔵記憶 14GB
外部記憶 -
外部端子 microUSB2.0
項目 評価
静止画性能 4.5/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 5.0/5.0
アプリ 4.5/5.0
アフター 5.0/5.0
総合評価 5.0/5.0
自動車内装Spherical Image - RICOH THETA

theta360.comより引用

自動車内装撮影で360度カメラを選ぶポイント

画質のきれいさ

自動車の内装の写真が粗いと顧客の購買意欲にも影響が出る可能性があります。そのため、360度カメラの解像度は5376×2688(約14MP)を基準に選ぶようにしましょう。自動車の車種によっては高級感を演出するために高解像の機種を選択するのも良いでしょう。
自動車内はカメラの近くにシートなどの物があるケースが多いため、機種によっては画像の繋ぎ目が目立つケースがあります。画像の繋ぎ目が目立ちにくい機種を選定するようにしましょう。

サイズ・形状

持ち運びやすくコンパクトなものを選びましょう。自動車内でも設置しやすいハンディータイプがおすすめです。 三脚で固定して撮影するため、360度カメラの底面に三脚穴があることを必ず確認しましょう。

アクセサリーの充実度

自動車内装の撮影では三脚を使って撮影を行います。またレンズ傷を防止するためのケースやレンズキャップなど、用途に適したアクセサリーがメーカーから発売されているか確認しましょう。

自動車内装の撮影にオススメなカメラ(上位3位)

RICOH THETA SC2

総合人気No1:コスパと評判がダントツの360度カメラ
メーカー RICOH(日本)
発売日 2019/12
寸法 45.2×130.6×22.9mm
重量 約104g
内蔵記憶 14GB
外部記憶 -
外部端子 microUSB2.0
項目 評価
静止画性能 4.5/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 5.0/5.0
アプリ 4.5/5.0
アフター 5.0/5.0
総合評価 5.0/5.0
RICOH THETA Z1
高画質360度カメラ
メーカー RICOH(日本)
発売日 2019/3
寸法 48×132.5×29.7mm
重量 約182g
内蔵記憶 19GB
外部記憶 -
外部端子 microUSB3.0(Type-C),MIC端子
項目 評価
静止画性能 5.0/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 4.0/5.0
アプリ 4.0/5.0
アフター 5.0/5.0
総合評価 4.5/5.0

KanDao QooCam8K

8Kの高解像度が特徴
メーカー KanDao(中国)
発売日 2019/12
寸法 145×57×33mm
重量 約245g
内蔵記憶 64GB
外部記憶 UHS-3 microSD推奨(最大256GB)
外部端子 microUSB-C
項目 評価
静止画性能 4.5/5.0
動画性能 5.0/5.0
機能性 4.5/5.0
アプリ 3.0/5.0
アフター 1.5/5.0
総合評価 4.0/5.0