Insta360 EVOとは

Insta360 EVOは中国の企業であるShenzhen Arashi Vison社が開発した360度カメラの一つです。
最大の特徴はカメラを折りたたんで360度撮影、広げて180度3D撮影が出来る点です。その点ではVuse社の Vuse XRとよく似ています。
Vuse XRと比較したこの機種の特徴は「動けるVR撮影」と謳われているように、強力なスタビライザーを活かした持ち歩きながらの撮影が出来る点にあります。ただし3D映像を視聴する際は付属の3Dメガネ、もしくはスマートフォンに装着する別売りのHolo Frame、Oculus Goのようなヘッドマウントディスプレイが必要となりますので、ご注意ください。
また360度カメラメインで検討されている方はリコーのTHETAシリーズをお勧めいたします。理由はその形状から360度カメラモード(折りたたみ)にすると、厚みが膨らんでしまい、横方向に死角が発生するためです。加えて本体手持ち撮影を想定していないため、自撮り棒などのオプション品も必須となります。またWi-Fiの接続性も良くないため、そのような利用を想定されている方はご留意ください。
機能としては非常に特徴的なカメラですので、使いたい用途に合う方は検討する価値のあるVRカメラです。

Insta360 EVOの性能

Insta360 EVO

3D×180度、2D×360度
メーカー Shenzhen Arashi Vision(中国)
発売日 2019/3
寸法 約98.4×26.27×49mm(180度3D撮影モード時)
約50.3×52.54×49mm(360度撮影モード時)
重量 約113g
内蔵記憶 -
外部記憶 microSD 
*UHS-I V30 スピード以上推奨、
exFAT(FAT64)フォーマット
最大ストレージ容量256GB
外部端子 microUSB
項目 評価
静止画性能 4.5/5.0
動画性能 4.5/5.0
機能性 4.0/5.0
アプリ 1.5/5.0
アフター 1.5/5.0
総合評価 3.5/5.0

Point1

静止画性能

画素数

6080×3040 (18 MP)

スティッチング(つなぎ目処理)

目立たず綺麗★

撮影モード

標準、タイマー、インターバル、HDR、RAW

夜間性能

夜景・星空も対応★

Point2

動画性能(360度モジュール)

動画画質

5760×2880(30fps),3840×1920(50fps),
3840×1920(30fps),3008×1504(100fps)

スティッチング(つなぎ目処理)

目立たず綺麗★

撮影モード

標準、タイムラプス、HDR、Log

夜間性能

夜景・星空も対応★

手振れ補正

FlowState手ブレ補正機能

マイク

モノラル★

ライブストリーミング性能

-

連続撮影時間

最大65分

Point3

機能性

操作性

アマゾンレビューでまずまずの評価

バッテリー性能

交換式バッテリー

連携サービス

google street view

Point4

アプリ

アプリ機能

多彩な撮影モード、編集機能

対応デバイス

PC、スマートフォン

通信性能

Wi-Fi,Bluetooth

バージョンアップ

頻繁

Point5

アフター

日本語サポート体制

日本語対応

情報充実度

ブログ等で豊富

対応アタッチメント

豊富

Insta360 EVOのレビュー

説明

Insta360 EVOの口コミ

説明